いつもご訪問ありがとうございます。

Professional Support 代表の古川真行でございます。


久しぶりの投稿です。

弱小経営者ながらも、自身で立てた旗がありますので、自身で旗を立てた方の動向は気になります。

更に、同い年のトップスターたちの活躍には、注目しております。

気にしているとかそういう事ではなく、自身のカンフル剤として、心の栄養をいただいているのです。

その中のお一人が西野 亮廣​さん。

最近本を出されましたね。

内容も大注目です。

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

 


周囲から理解されず、同業者からも蔑みの言葉をいただいた経験、私にもあります。

果たしてそうなのか?

ほんとうにそうなのだろうか?

常々疑問に感じる機会がありました。

西野さんの記事には共感点が多いです。

共感出来るって、生き方に重なる部分があるのだと思っています。

以前観て自身の心に何も伝わらなかった映画を観なおしてみると、驚くほど感動してしまった経験、皆さまにもあるかも知れません。

僕は今年度、毎月その変化に追われています(笑)


人は芸術に、共感をもって感動するのです。

その時その時代に流行した歌やファッションを見れば、その時の人たちの感性が伺えるでしょう。

共感できなければ、何の感動も感謝も生まれない。

これも残酷な真実です。


僕は西野さんのブログに共感点が多いです。

ブログも面白いから読むのですね。

読みたければ自身で探してブックマークして、読みやすいようにします。

僕も面白いと思っていただけるブログを書く事、心掛けます。

クライアントの皆さまに伝えたい想い、溢れるほどございます。


さて、僕の話しに戻ります。

施設レベルの高い施設でクライアントをお迎えすることが、自分のしたいことなのか?

著名人の専属トレーナーとして名を馳せることが、自分のしたいことなのか?

いえ、違います。

畳一畳分のスペースで道具なく全ての運動指導が出来ること、これがプロフェッショナルであると考えます。


道具に頼ることは怖さを感じます。

自身の指導技術を低下させますので。

全て出来た上で、道具を使うのです。

いつの世も道具が悪いわけではございません。

悪いのはいつも、使う人間です。


日本には付喪神が居ります。

長い年月を掛け、神に昇華するのです。

道具を大切に使えば、必ず応えてくれます。

自身の指導技術を常に向上させ、道具を大切に扱うことにより、クライアントへ最大のご指導が出来ると考えております。


著名人の~…そもそもTVを所持しておりませんので、トレンディーな著名人が誰なのか知りません。

お世話になっておりますYahooニュースでも、芸能関連はすっ飛ばしです。

他人に一切興味なし。

パーソナル・少人数制プライベートレッスン・キッズ教室・ダイエットキックボクシングクラスにお越しの方々の為になること、自身の生き方のみを追求しております。


バスケットゴールにダンクをしたいと夢に想うクライアントの競技レベルを引き上げたい。

脳みそも筋肉。

自身の総合コンディションを引き上げ、キレッキレの頭で痺れる仕事をしたい。

重度の腰痛から様々な選択肢を閉ざしていたクライアントの痛みを取り去り、圧倒的に選択肢を増やして差し上げたい。

これらの要望に答えることが、僕の最優先事項です。


自分は何がしたいのか?

何の為に生きているのか?

今でも常々熟考しております。


西野さんの言葉をお借りします。

「努力は必ず報われるから頑張れ」

この言葉に信を置き、猛進するのみ。


最後までお付き合いありがとうございました。