いつもご訪問ありがとうございます。

Professional Support 代表の古川真行です。


本日のヤフーニュースに、宇良関が右足を負傷したと掲載されておりました。

取組直後「終わったな」 宇良と高安、車いすで土俵去る

非常に心配です。

宇良君は格闘技関連からご縁があり、応援している力士です。

宇良関プロフィール(引用ですが、そんなに間違っていないと思います)

同郷の寝屋川市出身ではありますが、そこは私にとってどちらでも良く、応援する要素にはなりえません。

同郷や同期入社とかに、あまりご縁を感じません。

ご縁は実はそこそこにある。

大切なのはご縁で出会い、相性で続いていく方との関わりが大事であると考えています。

ご縁も大事。

これは私の一方的な意見です。


宇良関は小学生の頃から小柄でしたが、成人してからも小柄。

小柄なゆえに、大変な苦労をされた、いえ、今もされています。

レスリング仕込みのアクロバティックな技の数々には、ユーチューブで何度見ても見惚れてしまいますね。

【衝撃】決め技 宇良和輝 選手の決め技が凄すぎる。【これは相撲なのか?】

全ては地金の足腰が、鍛え上げられているからこその技なのでしょう。

美しく、素晴らしい。


簡単に得たものは、簡単に失うと考えています。

日本人あるある。

即効性に騙され易い(笑)

2週間でマイナス6kg-!

健常状態を保ちながら落とせる質量は決まっていますので、単純に危ないです。

これさえすれば必ず痩せます。

んなアホな(笑)

皆さん職業環境や家庭環境が違うのに、誰しも全く同じことをして、同じ結果が出るはずなし。

このような考え方を、ヘルスリテラシーと表現したりします。


小手先に頼らず、運動量を増やし、摂取量を減らす。

これが唯一無二のシェイプアップ、ダイエット法です。

間違った情報に惑わされないようヘルスリテラシーを高め、自身の望む体型を手に入れる方法を、共に探しませんか。


結果が同じなら、より労力が少ない方がいいじゃないか。

そのように思う方が居られるのも当然でしょう。

効率考えずしては、業務の進行速度は滞るばかりです。

私も仕事に対しては、自分がしなくても良い作業は徹底的に減らし、

自分にしか出来ない作業に没頭するよう心掛けています。

元々個人の能力が低いのですから、誰にでも出来ることをしている余裕はありません。

結局は地力がものを言うと考えていますが、日常業務では如何に手間を減らすことが出来るのか。

それに尽きると思いますし、大共感します。

 

では、時間を掛けて、不必要なほど手間を掛けて得たものに価値はないのか?

いえ、そこには反論いたします。

私は総合格闘技を9年ほど練習しておりまして、どうしてもプロになりたかったのですが、全く及ばず、アマチュアで選手生活を終えたへっぽこです(笑)

最後の2年ほどはほんとうにきつい時間でしたが、その時得た技術や心構えは、生涯を通して活きると確信しています。


自身の経験上ですが、簡単に出来た技って、向いている技だとは思うのですが、簡単に崩れるのですよね。

そして、試合のここぞって瞬間には、役に立たない。

人の体力は有限ですから、最後にものを言うのはフィジカルです。

要するに、練習量がものを言います。

これだけ反復練習をし、技が決まった記憶があるからこそ、自信を持って繰り出せる。

 

自身の得意技、格好良くいうと必殺技。

ほんとうに鍛錬しました。

何度も何度も反復練習を繰り返し、元々出来ていたことが出来なくなり、迷走しながらも自身の軸をぶらさず、何とか軌道修正でき、技を習得していきました。

その作業はほんとうに苦しいのですよ。

苦しみに尽きます。

しかし、その時私はプロ昇格を目指す一念で、どうすれば勝てるようになるのかを足りない頭で考え続けた結果、愚直に繰り返すしかありませんでした。

当たり前ではありますが、誰も見ていないところで、退屈な反復練習を積み重ねます。

総合格闘技はスポーツの中でも激しいコンタクトスポーツでありますので、怪我は日常茶飯事でした。

しかし、続けます。

出来るまでやります。

何を捨てても、プロになりたかったから。


…いけません。その時の情景が鮮明に思い出され、目頭が熱くなります(笑)

全てを出し切ったので、後悔は一切ありません。

これでプロになれなければ仕方ない。

そこまでやり切ることが出来ました。

しかし、いつ思い出しても悔しい。

まだ出来たんじゃないのか。

後一歩だったんじゃないのか。

今でも夢に見ます。

しかし、冷静に考え直すと、怪我の状態もギリギリでありましたので、絶対に出来ませんでした。


人生には、自身の全てを捧げても、出来ないことがあると学びました。

なので、プロ志望を断念した以降、私はもの凄く切り替えが早くなりました(笑)

そのようにして得た技は、生涯失うことはありませんし、ここぞの場面で自身を守ってくれるものになるのでしょう。


簡単に得たものは、簡単に失う。

本物は苦しみの中にこそある。

これは私の人生哲学です

日々鍛錬を重ね、その地金が映像からも容易に見て取れる宇良関を、心から尊敬しております。


最後までお付き合いありがとうございました。