いつもご訪問ありがとうございます。

Professional Support 代表の古川真行です。


大人になっていくと、あっという間に時間が過ぎたと感じた経験、

皆様も一度はご経験されたことがあるのではないでしょうか?

あっという間。

この感覚、私は危ういと感じています。


一年の体感時間の長さを年齢に対する比で表すことの出来る、
ジャネーの法則なるものがあるそうです。

10歳時の1年は、20歳時の2年と同じに感じるとか。

若い時の方が、1年を長く感じるということですね。


19歳までに、新体験の50%が終わると言われています。

20歳以降から残りの50%。

これって、考え用によっては凄いことですよね。

私は20歳以降の新体験が、そんなに少ないの!?と、驚いたものです。


小学生時の夏休み、一日が非常に長く、まだ終わらないのかな?と感じていた記憶があります。

この感覚は、日常のほとんどが新体験に包まれていたからなのではないかと、思い返します。

常に初めての場所へ遊びに行き、違う遊びを考えていたものです。


さて、大人になってから、自身もあっという間に
一日が終わったなと感じた日が、幾度となくあります。

その時の事を思い返すと、いつも通りの仕事をして、慣れた作業に従事していた時です。

慣れているので、あまり考えないんです。

決まった時間に、決まった業務を行う。

それの繰り返しです。

これが、ジャネーの法則に則って考えると、人生の体感時間を短くするのでは。


考えずに、繰り返す。

これが危ういのですよね。

新しい事業や生活を試み、知らない事、出来ない事に邁進する。

常に考え続ける。

この生き方が、人生の体感時間を長くするのではと感じています。

あくまで私の偏った考えです。


信長曰く人生50年。

どれほどの新体験を繰り返しても、人生の終末時にはあっという間だったと感じるのでしょう。

私のような能力も低く、頭も良くない人間が、

余所見をしている暇などないと、日々感じています。

時代の変革に沿った自身の最短の道を進み、余剰の時間で人生を新体験で満たします。


補足。

考え過ぎて頭が疲れ、ボーッとしたい時。

大丈夫です。

寝ている時にボーッとしています(笑)

職業環境等で交感神経が優位状態に立ち過ぎ覚醒してしまう時は、

強めのスコッチで、脳の奥をトロッと溶かして寝ましょう♪


人生の体感時間を伸ばしたければと考えた時に、

なるほどと思えた文がありましたので、引用させていただきます。

アインシュタインの名言にこんなものがあるようです。

熱いストーブに1分間手を載せてみてください。

まるで1時間ぐらいに感じられるでしょう。

ところが、可愛い女の子といっしょに1時間座っていても、1分間ぐらいにしか感じられません。

それが、相対性というものです

人生の体感時間を伸ばしたければ、可愛い女の子と座るのを避け、熱いストーブに手を載せましょう。


例は極端ですが、的も得ていると思います。

そうは言っても、可愛い女の子の隣りには座りたいですけどね(笑)

私は日々を、あー、まだ一日終わらないのか、長いなーと感じながら、過ごすものにしていきたいと考えています。


最後までお付き合いありがとうございました。

 

体験レッスンお申し込みはこちら