いつもありがとうございます。

Professional Support 代表の古川真行です。

 

ある先輩のお勧めされていました、「数」の日本史を読みました。

こちらの本を熟読すれば、なぜ数学が苦手であったのか、謎が解けたように感じています。

僕は推理小説や歴史学を好みますので、数学だけでは頭に入りませんでしたが、国の文化が混じってくると、するすると頭に入ってきました。

自身の新たな一面も発見。

幸運です。


日本の世界に誇る初等教育の代表格に、九九があると書かれています。

欧米では超難関大学に在学する学生であっても、九九を提唱できる学生は37%にも満たないようです。

なぜなのか?

 

欧米人は九九を論理的なものとして左脳で処理するのに対し、日本人はそれを音として、左脳に加えて右脳を動かす。

この差であるようです。

日本の九九は歌いますものね。

加えてこちら日本の九九。

いんいち「が」いちの「が」は助詞。

こちら欧米の計算式。

一足す一「は」二。

「は」は動詞。

動詞になると完結してしまいますが、助詞だと歌にして連動できますね。


「日本が自らのアイデンティティを主張する時の切り札の一つが、歌うような九九にある」

この言葉には痺れました。

日本人とはなんぞやと考えた時に、簡潔に説明できる確かな事実であるように感じます。

 

さて、初等教育ではこれほどまでに突出した文化であるにも関わらず、高等教育ではなぜ先進国の中でも下位に位置してしまうのか。

その答えは、戦後これ以上は教えてはいけない、という「学習禁止要領」になったことが、最大の問題らしいです。

一つの答えに対してそれ以上の疑問を感じても、こういうものですと思考を止められてしまう。

自分のような頭の良くない人間では問題にならなくても、ほんとうに飛び切り頭の良い人たちにとっては、百害あって一利なしの、思考停止教育です。


スポーツの世界でも同じですが、難しい=面白いのですよね。

好きこそ物の上手なれ。

面白くないものを探求など出来ません。

こんにちの数学教育は、面白さが剥ぎ取られてしまったのかな。


テストで良い点を取るためだけに覚える。

大学入試に出題される可能性の高い数式だから覚える。

目的がいびつです。

それでは面白いと思えるはずもありません。


自分自身、文系だから数学は苦手で必要ないんだ。

そのような不思議な思い込みをしていました。

人生の選択肢を減らしてしまうような、恐ろしい考え方です。


僕程度では本紙の難解な数学の説明は、わずかばかりしか理解できませんでした。

しかし、数によって国の歴史が紐解かれ、自分たちの生き方にまで影響するものであること、教えていただきました。


何故本を読むのか。

自身を成長させ、学ぶためです。

大変勉強になりました。


最後までお付き合いありがとうございました。